自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人のエゴです

<<   作成日時 : 2009/07/06 10:25   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

一人の女性。

3年前に離婚し、6才になる子をご主人とお姑さんのところに残し地元を離れ、
ある男性と再婚しました。

現在、1才になる子を持ち育児に励んでいます。

6才の子のときには育児放棄、家事放棄が原因で離婚に至ったのですが今回、初めて

自分の手で我が子を育て、母親としての母性が芽生えててきました。

ここまではこの女性にとっては大人として、母親として成長できてよかったのだと思います。

6才の子はそれまで、前のご主人とお姑さんがずっと育ててくれています。

最近になってこの母親は、6才の子のことを思い、少しでも近くに住み会いたい、なんかあったときには

力になってあげたいと思うようになりました。

とても、いいお話のように思えます。

だけど、よく考えたらこの6才の子は今まで離れて暮らし、母親のいない生活パターンができています。

前のご主人、お姑さん、今のご主人、1才になる子の関係はどうなるのでしょう?

子供心は?

近くに母親が来ると分かれば大喜びでしょう!

でも、そばには手のかかる別の子がいて・・・と複雑な気持ちと今まで甘えられなかった分、

ママのぞばで甘えていたいという気持ちが出てくるのは当然のこと。

だけど、一緒には住めない・・・

今まで、育ててなくて今になって「ママですよ」と手がかからなくなった頃に出てくるのはあまりにも

虫のいい話ではないかと思います。

今のご主人はとても理解があるというか先に見えてくる「泥沼」がまだ見えてないようです。

この母親の地元に帰りたいという里心、6才の子に会っていたいという親心。

元、ご主人への情。この女性、勘当されて家を飛び出し、今のご主人と再婚し遠く離れて暮らしながら、

元ご主人、お姑さん、6才の娘、実家の親と蜜に連絡を取り合い、実家近くに来るなら応援すると

言われ、引っ越すことになります。

今のご主人はどうなるんだろう? 1才の子はどうなるんだろう?

この女性の単なる「エゴ」、6才の子を取り巻く大人たちの「エゴ」としか私には見えない。



この気持ちだけで周りのみんなの心をかき乱すのか!
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
意味深なお話ですね。
私の友人で・・・彼が、仕事に追われて連日の帰宅が遅い中、その妻が二人の子どもを残してタクシーの運転手のところへ行ってしまった。
そんなものを見てきました。
残された彼は再婚もせずに幼い二人を男手だけで育て上げましたが、高学歴の女性でも意味の分からぬことをしますものですね。
Tatehiko
2009/07/07 08:56
Tatehikoさん、お久しぶりです。
深過ぎでしょう?
なんだか、この女性は子供を含めて人の心や気持ちをもて遊んでるようにも思ってきました。
こういう事ってよくあることなんでしょうか?
とても悲しいですね。今の主人というもは私の息子です。大バカ者ですよね。嫁のこういう行動を止められないなんて!!
びよんど
2009/07/07 10:37
びよんどさま・・お久しぶりです。
記事は読んでいましたが・・なかなかコメントできずにいました。
書いては消し・・書いては消し。しっくりとこなかったんです。
客観的に言えば、この母はダメ母になるでしょう。
自分の感情だけで突っ走っているんですから。

でも・・切り口を変えれば、今頃になって母の自覚が出て息子を思い出した。なんて不器用な人なんだろうとは思えないでしょうか。
モチロン何を今更・・なんですが、母性のかけらがあったことは忘れてはいけません。
コレは子供にとっては重要な事なのです。

やり方は、評価できませんよ。
これからどう係わるかは見守っても良いかとも思えるのですが・・どうでしょう?
くま&クローバー
2009/07/20 16:48
くまさん、コメントありがとう

息子夫婦の今後は、静観していようと思います。
結果がどうあれ、6才の子にとってはむごいことになると思います。遠い長崎にいるから今は、会うことも諦められていますが、近くにいるとなると「会いたい」気持ちが募るでしょう。1才の子の手をかける母親を見て、自分も甘えたいと思う気持ちも強くなります。でも、一緒には住めないし・・・。そのジレンマをこの子に耐えられるのかなと思っています。
まして、元ご主人はこの嫁とよりを戻したいらしいのです。元のお姑さんが亡くなれば、親権を譲ってもいいと言ってるそうです。子供やお姑さんのことをそんな風に思ってるご主人・・・とても悲しいですね。
びよんど
2009/07/21 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
大人のエゴです 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる