自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 折り返し地点

<<   作成日時 : 2008/07/02 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

  6月の誕生日を迎えて、健康診断を受けました。

更年期をの真っ只中!!  (年齢的には)
ここ1ヶ月の間に色んなことがあった。

嬉しいことはかわいい孫が生まれた事。・・・これは うれしい。
引越しできる事。
今度のお家、夜はライトアップしたきれいな橋が見れる。

そして、健康診断の結果・・・私の骨の年齢→68才・・・ちょっとショック。(おばあちゃんじゃ〜ん、孫がいるくらいだから!)
心臓・・・毛がはえてるくらい図太く元気!!
血圧・・・低い  (ここは女性らしくできてるらしい) 低くても危険だよ。
婦人科・・・異常なし
乳腺科・・・小さい塊発見。・・・でもまだ様子見程度かな??(良性みたい)

こんな感じで自分の身体の点検してみたけど、男性とは心も身体も仕組みが違うから、
ご夫婦、熟年カップルの人達にわかってもらいたいことがあります。

今、女性、男性は平等が当たり前のように言われていますが、身体の仕組みが違うのは明らかです。
結婚して、妊娠し、命がけで出産し、子育て、家事、妻をやって精魂つきるまで続け、それが女性として美化されています。

そして、妻として心の問題です。
更年の女性は恥ずかしいんだけど閉経したり、その年齢に近くなると「夫婦生活」自体が苦痛になります。
婦人科の専門医も女性は閉経後「性欲」が急激に落ちると言われています。
男性はここを勘違いしてるか、分ってないような気がします。

私も以前は婦人科に通いカウンセリングを受け、「パートナーさんのお誘いが4回あったとして1回だけ
我慢して」って言われました。
その1回が死ぬほど苦痛で・・・。閉経前はそこまで思わなかった事なんですよ。
だから、パートナーさんもいきなりの変化でびっくりですよね。「自分の事を嫌いになったのか!」「他に好きな人が出来たのか」
って逆にムキになります。
そうなると女性側も強烈に拒否しまくります。(意地で!!)
好きだとか気持ちが離れたとかではなく、女性自身も心と身体のバランスを崩してどうしてこうなったのかと
気持ちが動揺しています。「自分の身体、どうなってんだろう?」って。
そして、身体の老化にそれぞれだけど、受け止めていくようになります。(私は)

そこで男性に理解してもらいたいのは、パートナーさんを嫌いになったわけではない!ということ。
女性はある一定の年齢に達したら老化のスピードが速まること。
婦人科では薬物で老化を防ぐことができるようですが。

今まで、自分の身体を出産、育児、家事、子育て、仕事で身体も心も酷使してきた結果だとも夫婦においては
思っています。

女性は男性ほど強くないんです。

熟年離婚が増えていますが、私は今ちょうどその年齢に差し掛かっています。
男性は女性の「わがまま」だと思うかもしれないけど、結婚してこれまでの積み重ねられた苦痛やストレス
も家の中にいても、仕事してる男性と同じように感じてるということ。

熟年になっても、もっと、もっと輝いていたい!!
自分らしくいきていたい・・・そう思うのは「わがまま」でしょうか?
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
☆そこまでは、私でも解かります!---で、去る者は追わず---くる者を拒まず---を、実行
した私は、一人で誰も声もかけない。
 このまま「死」を待つのですか???
sennouji
2008/07/02 14:07
sennoujiさんの以前のご夫婦のあり方だと思います。
ご家族の中で誰も声をかけてくれない・・・。辛いですね。子供は親のことを小さいながらもしっかり見てたんだなあって最近になって思いしらされます。
sennoujiさん、「死」を待ちますか?「生」を全うしますか?
今のsennoujiさんだったら後者ですね。
びよんど
2008/07/02 15:51
子供が二人位おって、普通の家族でありたいと願った事は何度かありました。妻も同様だと思います。そのすれ違いが夫婦の危機でもありました。
今はもう過去の事、これで良かったのだと振り返っています。

女性の生への執念には感心させられますが、
その事が、男女の寿命の差になって現われて
来ているんでしょうか。
美しく老いたいとは、男性はそんなに思いません。妻に嫌われたくないとはおもいますが・・・・。
yano
2008/07/03 10:15
yanoさん、コメありがとうございます。

夫婦ってお互いが思いやる気持ちが通じていれば、多少のもめ事も翌日には「なーんだ」ってくらいで納まります。
女性の強さは気持ちの強さで、私もたいしたもんだと思っています。
女性の更年の迷いがやっぱり夫婦生活が大きいみたいですよ。
びよんど
2008/07/03 12:44
誕生日お目出とう御座いました。ヽ(^o^)丿
健康診断を受けるなんて素ばらっし〜ですね

男女平等・・法の下に於ける平等(人間が作った秩序維持の為の法の支配下で)であって

♂≠♀ なのです 動物の世界(人間も動物ですが)では 種の保存の為に ♀は最強の♂を選び 時には寄せ付けず拒否し 自ら種を残す ♂は遺伝子を多くの0越す為 ハーレム何ぞを作りたがる・・
同一悪条件下で♀が多く生き延び♂はへたる ♀の方がが長寿…
これらは天の摂理なのです 女は この男で大丈夫か?と本能的懐疑心を秘め 男は多くの遺伝子を残そうとする本能を秘めているのです・・・だから厄介なんですよ・・【業】ですかね〜・・総じて 瞬間的強さ→男>女
総合的強さ(生命力)→男<女… 嗚呼ヤッパ 女性は強い! お袋の味 だから弁当が売れる 親父の味じゃ〜見向きもされないもの‥用済み破棄の男は切ないな〜(^。=)  

 
 

旅人2
2008/07/04 09:28
旅人さん。

男性の本能と女性の本能の相違が長い生活の中で芽吹いて深い溝を作ったり、修復できる
事もあり。
女性の細やかさ、男性の広大さが夫婦円満かも・・・。
年とってもお互いに杖ついて一緒に散歩するような夫婦でありたいですね。
びよんど
2008/07/04 09:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
折り返し地点 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる