自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 響け!みんなの胸に

<<   作成日時 : 2007/09/22 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ブログを見て、一人の「乳がん」患者さんからの思わぬ問い合わせ
がありました。
9月30日「日」  ピンクリボンフェスタ開催


ピンクリボンフェスタのポスターを見たそうで。
「何か私にできることはないですか?」
県とか主催者側ではなく私に「応援」できればという、とてもありがたい問い合わせ
でした。
私はどちらかといえば「乳ガン」だけではなく、「子宮ガン」その他の病気でも
検診の活動をしていきたいです。
私の今の活動は組織的ではないので小さなそれも地道な活動です。
その患者さんにそのことを言うとそれも承知だということ。
やはり、経験者だと思う。「自分のような体験をもっと伝えて、検診の必要性を
一人一人に訴えていきたい、それが今の私の唯一の目標」だと。
この患者さんはまだ治療中です。無理のできない体だけど何か生きる目標が
ほしい、生きた痕跡を残したい、今の自分にも何かできる事があるはず!
そう私に訴えました。
こういう患者さんがまだほかにもいます。
小さいけどこの「輪」が少しずつ広がりつつあります。
この思いをもっと、もっと、みんなに聞いてほしい!!  

http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
今朝は、涼しくて、過ごしやすい感じです

びよんどさんの、活動を理解して、一人でも多くの人達が
参加し、協力してくれる方が、増えてほしいですね!!

自分も治療中なのに、自分のしっかりした生きる目標を持ち
頑張るという気持ちは、素晴らしいですね!!
一人でも、「びよんどさん」の活動を理解して、参加して
くれるのは、うれしいですね、
これからも地道な、活動ですが、頑張ってくださいね、
みっちゃん
2007/09/23 11:08
みっちゃん、コメありがとう。

この患者さんにとってこの活動が「生きる」糧となりつつあります。
だんだん顔色がよくなっていくのがわかるようになりました。
目も「生き生き」しています。
自分から率先して動くんです。
「すばらしい」エネルギーですね。
びよんど
2007/09/23 12:38
わたくし事の書き込みごめんなさい。
事情が有って、ブログを閉じました。
今までコメントを頂きありがとうございました。
心から感謝いたします。
のん
2007/09/26 08:29
乳がん検診には、一度も行った事が無いです。
行かないといけないかな?行った方がいいですね。
(独り言に成ってしまった〜〜〜ご免!)
婦人科に行けば良いのですかねぇ?
それすら知らない私ですぅ。
のん
2007/09/27 18:15
のんさん、こんばんは。
「乳ガン検診」は「乳腺科」または「乳腺分泌科」
のんさんの通ってる病院が総合であれば外科で。
市民検診だと安くで受診できますよ。マンモの設置してある病院でね。
のんさんは特に受診をお勧めします。
びよんど
2007/09/27 19:26
解りました。
ありがとうございます。
のん
2007/09/27 21:02
びよんどさん、こんにちは。

内容と違う話を書いてしまうけれど、ごめんなさい。
私は、8年前から、猫を飼い始めて、今まで知らなかったいろんなことを知りました。
残酷な話から、心温まる地域猫の話まで。
私は地域猫の活動がしたいと思っていますが、過敏すぎる心も心に反応して体調を崩す身体ももてあましていて、とても、誰かと協力して何かをするということは無理だと思ってきました。
けれど、自分の周りにくる猫には対しては、出来る限りの対処をしてきたつもりです。
たぶん、これからも、きっと一人で悶々としているのかもしれません。

でも、この記事のお話を読んで、闘病しながらも、自分に出来ることをしようとする患者さんの姿勢にとても胸が痛くなりました。
一人一人に役目がちゃんとあるのだと思います。
そういうのを繋げる役目をびよんどさんは担われているんだな…いつか全国にそういう繋がりを濃くするためにがんばられているんだなあと思いました。
いつ誰の助けが必要になるかわかりませんものね。
さつき
2007/10/03 15:30
さつきさん、人間も動物も同じ生き物です。「大切な命」が
あるんですよね。さつきさんは猫に色んなことを教わるし、勇気ももらえますね。私も患者さんに色んなことを教わり、勇気をもらってます。
やってる事は生き物が違うだけで私もさつきさんも一緒ですよ。
さつきさんが助けた猫は、そのまま放ってたら死んでしまってたかもしれないんです。私や協力してくれている患者さんは病気に関しては、一般の人達の先人です。それによって患者さんが「生きる目標」をもってくれるんですね。さつきさんと私の考え方は同じですね。
びよんど
2007/10/03 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
響け!みんなの胸に 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる