自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたの一言で・・・

<<   作成日時 : 2009/04/10 10:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 24

言葉の力は、話す相手を時には励まされ支えてくれる人間のとても大きなアイテムだと
思っています。

その言葉も時には人を傷つけ、気持ちをナーバスにさせるものでもあります。

たとえば、自分を支えてくれる立場の方からの言葉の影響は大きく、自分の生き方、考え方まで
変わることも多々あります。

「さらけ者」・・・・この言葉をどう受けとめますか?
一般にあまりいい意味での印象は受けない方が多いと思います。

自分のこれからの生き方をどうしよう、なにかの発奮材料がほしいときに
自分を出して生きていこうと決めているときに、影響力のある方から「さらけ者になるのか」
の一言で、自分の考えが変わり、生き方も変わること

きっと自分はこの一言でかなりへこむでしょう・・・
へこんでいます。

相手に対して発する言葉・・・・叱咤激励なら真摯に受け止めよう。
だけど、人の心の中、生きる方向性にまで他人は口出ししてはいけない。

方向がかなり間違ったのなら、それは道標を示し導くものではないのかなと思います。

自分は「こう生きよう、こう生きたい」と望むこととてもポジティブで私は素晴らしいと思っています。
それが自分らしく生きると核心したときに目は輝いてるし、希望に満ち溢れています。

「さらけ者になるのか」・・・これは私自身に投げかかられた言葉でななく、ある患者さんにです。
全国にどれくらいのなんらかの病気の患者さんがいるでしょう!!

そういう方々も自分の病気を受け止め、町へ、仕事へと臨んでいます。
頑張って前向きに生きてる方々に対して、これからそういう世界へ飛び出そうとしている方々へ

「さらけ者」・・・とても失礼で心ない言葉だと私は受け止めました。
こういう私も「さらけ者」です。

堂々、顔をあげ生きていこう

http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
余命
「あなたの一言で・・・」について  余命にかんしては、自分自身で決める。 ...続きを見る
tokiyuki
2010/06/15 15:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
さらし者・・だけでは状況は分かりませんが・・
何があったのでしょうか?

言葉の使い方は難しいですね。
なにせひっこみがつかない・・

さらに状況が分かったら・・又コメントさせてもらいます。
くま&クローバー
2009/04/11 11:48
ぴょんどお姉さま

何かあったか?
 

エッチャー
2009/04/12 02:07
くまさん

医療従事者が、患者さんが入院中にかけた言葉です。
それも退院間際の。
これから、退院して通院治療にはいり、仕事しながら
病気と向き合い生きていく方へ、ウイッグ生活をすることが、この方の病気を仕事仲間へ言って理解してもらうことにある幹部ナースのかけた言葉。間近に聞いた「さらけ者」という信じられない言葉でした。
びよんど
2009/04/12 09:33
エッチャーさん

患者さんの心のよりどころであるナース・・・天使はどこへ行ってしまったんでしょう!!
医師も患者さんが治療を拒否すると「あなたは今日、退院しても明日、退院してもいつでもいいですよ」といきなり言い出し、前日までのこれからの治療方針が急変するんです。患者さんは、放り出された気持ちに
なり、急に不安になります。
医療従事者・・・患者本位ではなくなったんでしょうか。患者数が増えたのもあるかもしれない、でも、
患者さんにとっては個です。一人にかまっていられないくらいの病院であっても、患者さんにかける言葉には配慮が必要なんじゃないかなと思ってる。
びよんど
2009/04/12 09:42
いろいろ読ませていただき、大体のことは把握できました。
この病院には、コーディネータの方がいらっしゃらなかったのでしょうか・・?
最近は、治療がほぼ完了の方・転院する方・在宅に移行する方の今後を相談できる窓口=医療コーディネーターがいる病院が増えてきました。
介護保険制度が出来、在宅介護のニーズの窓口となるケースが殆どでしょうが・・

残念ながら・・治療方針の食い違いから転院を余儀なくされるケースは多いのです。
病棟はこういう態度をとっても、病院全体でフォローしていかなければ医療とは言えないのですが・・
残念です。
又、このナースの態度も悪かったですね・・。
私がよく病院勤務をしていると『白衣の天使』という単語に悩まされました。
正直、イメージを押し付けないで欲しい・・。そう思いました。同時に召使でもない・・と。
心が幼い故の気持ちも在った訳ですが・・言葉は簡単に人を傷つける。
そして、その傷は簡単には癒えない・・
この患者さんとお話したいな・・とそう思いました。
くま&クローバー
2009/04/12 10:12
この患者さんには「メンタルケア」が必要だと思います。このまま重い気持ちで家に帰るわけだから・・・
この病院は市立なんだけど、残念ながら相談窓口は無いようです。入院当時からこの患者さんは病院に対して違和感を感じてたんでしょうね。Dr・ネットの事を調べていて気持ちがその病院から離れていたかもしれないです。

私が関わっている「在宅看護」「Dr・ネット」の紹介をしました。
くまさんみたいな存在が今の医療には必要不可欠なんだよね。体は癒えても、心はかなりのダメージを受けてる患者さんが山ほどいるんだよ。
病院と患者さん間の信頼関係は、患者さんのフォローでかなり築かれるものじゃないかなあ。
びよんど
2009/04/12 11:14
それにしても「さらしもの」は酷いですね。
医療、介護を受ける者はいつも弱者の立場にあります。だからこそフォローを求めて癒されたいと望んでいます。
医療機関の経営環境は年々厳しくなってきていると報じられています。その事が患者側にもしわ寄せられていることもあるでしょう。高齢者の医療抑制の動きも
見逃すわけにはいけません。

言葉を投げかけた方も、「さらし者」を口にしたことで、心の荒廃を違った形で受け入れる事になるでしょう。

yano
2009/04/12 14:39
何かをしようとすれば それは それなりの覚悟がいると思ううですが・・・

世の中はけっして 善意ばかりではない

むしろ 悪意のほうが多いのかもしれません

でも 志があるのなら そんなことに負けてはいけませんよ

しっかりとした志があるのなら・・・・・

              まる
エッチャー
2009/04/12 20:49
yanoさん

だんだん弱者は隅に追いやられてる感がします。
多分これは、みんなが思ってることだと思います。
病院ではよく見る光景が、深く入り込んでいくと
垢がよく見えるようにもなります。
建前の善意がよ〜く見えました。
びよんど
2009/04/14 10:41
エッチャーさん

私の志がより強固になりました!
善意をひけらかすつもりでもなく。当然の権利、義務の横行や職権で弱者を脅かすことへの理不尽さが
当たり前となってることが悲しいくらいに、悔しいくらいに痛くなりました。
びよんど
2009/04/14 10:45
エッチャーさん

どこに行きますか?
趣味人倶楽部にもいない、憩いの喫茶店にもいない!!
エッチャーさん、ブログ書きますか?
書いてくれますか?
びよんど
2009/04/14 11:10
はい

鉄の錬金術 で 近いうちブログ書こうと思っています

ブログ検索してね

なつゲーにも伝えて・・・・・

              まる

エッチャー
2009/04/14 22:19
あっ! 書き忘れました

ココログにほとんど動いていないブログあり

metal art

ぴょんどお姉さん

わたくし ことエッチャーは

いつでもぴょんどお姉さんのすぐ蕎麦に? あっ!失礼

傍にいますよ・・・・・

             まる
エッチャー
2009/04/14 22:28
こんにちは 状況判断がまだ出来ません
「さらけ者」の語意が「さらし者」なのかな

吾輩も入退院を繰り返した経験の中では
医師も看護師も身内以上の対応をしてくれたので
信じられない言葉です 
医は仁術と言われたのは遠〜い昔の事かな
医療現場の患者に対する扱いは人では無くて
物に成って来るようで悲しい現象です;;@@;
ニッキー
2009/04/15 17:15
エッチャーさん

ブログタイトルが「metal art」ですか?
びよんど
2009/04/16 09:45
ニッキーさん

失礼しました。「さらし者」です。
院内では、人のパーツ(体の部分)を物としてとらえているので、こういう心無い言葉が平気で出てくるんだと思っています。悲しいです・・・
びよんど
2009/04/16 09:48
そうでござる

      まる
エッチャー
2009/04/16 15:39
もしかしたら

このブログ忘れてはいませんかぁー

            まる
エッチャー
2009/04/22 16:54
エッチャーさん

ココログを検索して、metal artをさがしてもなかったです。
どこにいるんだ!
ずっと探してたんです    まる
びよんど
2009/04/25 09:36
コトバは魔物にも励ましにもなりますね。日本人はコトバに非常に敏感だと思います。昔から「言霊」というようにコトバに霊が宿っていると考える日本人の魂が敏感に反応するのでしょう。若いときは、「自分が知らないところで人を傷つけているのではないか」と神経質にもなりました。

でも、欧米人はコトバはコミュニケーションの道具、相手を知るための手段の一つと割り切っているところがありますね。それはものの考え方の違いであり文化なのでしょう。コトバは文化の器だということですね。

そして「文は人なり」というのも当たっていると思います。書かれた文章を読むだけでその人のひととなりが見えてきたりすることがありますね。「あなたの一言で・・・」このことを肝に銘じて発言するのが大切ですね。

だるま
2009/05/06 17:28
大きく丸めて〜色々とサンキューベリーマッチ!

善い論文を拝読させて貰いましたよ・・・
之からも宜しくね

ryu
2009/05/07 14:05
だるまさん、はじめまして。
ビッグローブのSNSで最近、お見かけいたしましたね。
言葉はとても心に響いたり、ここのように中々、言葉で気持ちを表すことが難しいこともありますが、
現実では、相手を目の前にして話すので、表情や仕草で相手のことが伺えます。ちょっとした一言でも、相手には心に残る一言があることってことなんでしょうね。
びよんど
2009/05/08 10:27
ryuさん、お久しぶりです^^

論文のようでしょう(^^)
ryuさんのお顔が浮かんできますよ!!

これからもよろしくお願いします^^
びよんど
2009/05/08 10:29
「さらけ者になるのか」の言葉は、だいぶキツイ言葉ですね。
日本丸は「さらけ者になれよう」と毎日が自分との戦いの日々です。
「さらけ者になれた時が」病気が完治した時だと思います。
人は誰しもが自分を「さらけ者」にはなりたくないと生活をしていますね。
でも、「さらけ者」になれたら、その人は立派な人間だと考えています。
「さらけ者」の一言は、考えようでは叱咤激励の言葉とも受け取れませんか?
日本丸は「さらけ者」にいつかはなりたいとあらためて考えさせられました。
日本丸
2009/05/09 05:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたの一言で・・・ 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる