自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめて聞く病名

<<   作成日時 : 2008/11/14 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

ポリープ状異型腺筋腫(APAM)・・・これは先日、娘が診断された病名です。

この病気は40才以降の方が発症したら、子宮体ガンと誤診されやすい病気で、

規則正しい月経を有する女性が子宮体ガンと診断された場合、誤診の可能性があると言う。

子宮体ガンと誤診されることが多い、ガンではない筋腫。

私の娘は、主治医からこの説明を受けました。

もし、子宮体ガンと診断されたら「子宮全摘出」になっていました。

20才から30才代の女性が好発年齢です。娘は最初の検査では「筋腫かポリープ」だろうと診断されて

筋腫は年齢的に若いのでポリープ摘出の手術をしました。

最終的な診断結果が「ポリープ状異型筋腫」。主治医の話によると「まれ」だと言われ、

「そのまま放置して年齢を重ねて受診してたら腺ガン(子宮体ガン)と診断されるだろう」とのこと。

娘はこれからまだまだ結婚も出産もさせてあげたい!

今の時期でよかった

ホッと胸をなでおろしたとこです。

ほんと、ラッキーでした。



ネットで調べてみたら、この病気、病名も知らない婦人科医もいるそうです。

月経の期間が長い、量が多い、激しい腹痛の方で「単なる生理痛」とかの診断をされたとき、それで安心

せず、もう一度、婦人科の門をたたいてみてはいかがでしょう。

恥ずかしい気もわかるけど、大事な自分の身体です。
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ、
私も丁度10年ほど前に、娘が、膠原病だと言われ、
ネットや文献を必死で調べて、先生に、質問をしたのですが、どれも満足な回答は得られず、他の病院の門をたたき、誤診だとわかったことがありますよ。

お医者さんだかr全て知っているわけではないようですね。ですが知らないことは、お医者さんといえども、今の立場に甘んじることなく、研鑽を重ねてほしいですね。

それが、人の命をあづかるということの筈ですが、
とかく医は算術に走ってる人が多いように思いますね。

でも、びよんどさんの掛かられた、先生はちゃんと
病理を見つけてくれて、良かったですね。

同じ娘を持つ母親としては、人事ではありませんものね(^^;)
忍舞(しのぶ)
2008/11/14 12:17
忍舞さん、いつもコメントありがとう。
この病気は1000人に一人の割合らしいのですが、最近あるDr.が警鐘を婦人科にならしています。
ガンでもないのに子宮摘出さえる患者さんが増えて
きてるらしいんです。こわい話ですね。
医師選びは大変で、誰がいい医師なのか私達は判断できません。私の場合はラッキーとしか言いようがないですね。忍舞さんの娘さんも「膠原病」なんて大変な病気と診断されて驚かれたでしょう?
患者側も多少の知識が必要だなと思いました。

医は算術・・・最近特に実感しています。
びよんど
2008/11/14 13:11
娘さんの病気知れば知るほどラッキーでしたね。

私達医療関係者は、新しい文献を学べない時、大きい病院は人を廻します。

それで知識を得る機会を作るんですが…なかなか大変で。
今の時代、患者自身も学ばないといけないみたいな感じですね。

先日夜間救急外来にお世話になって、現場のスタッフ不足を感じました。
具合悪いのに…自分で点滴抜きました。(笑)
さぼてんママ
2008/11/15 05:47
さぼてんママさん。

人材不足は娘の入院期間中に痛感しました。
Dr・ 看護師さん達みんな、いっつもバタバタの
状態でいつ休憩してんだろうって思いました。
今回も、Dr・の回診は一度もなく看護師さんの
診察でしたもの。娘が軽度で私が付きっ切りだったからよかったけど、初めての入院で大きな病巣の方は不安でしょうね。

珍しい病気もだんだん「まれ」ではなくなってくるんでしょうね。

ママさんの場合、知識があるからよかったですね。
娘、点滴が終わっても、ブザー押しても中々、看護師さん来れる状態ではなかったです。
来れなかったか
びよんど
2008/11/15 09:45
お嬢さん、どうされたかな…と思っていましたが、無事に手術も済まれたようですね。
うーん、やっぱり病気って難しい…。
私も筋腫持ちなんですが、最近の産科医不足で、最初診ていただいた先生が、引き揚げてしまい、次の先生に代わりましたが、どう考えても前の先生の方が経過の見方が慎重で丁寧と感じました。
先生によって、やはりいろいろあるものですね。
先生が、病気自体の知識をご存じなかったら、本当に泣くに泣けないなあ…

お嬢さんまだお若いですし、今後を考えても良い結果だと思われ、良かったと思います。(^^)
良い経過となりますように。
さつき
2008/11/17 15:10
さつきさん。

婦人科医の不足と看護師さんの不足は今回、痛感しました。それとベッド待ちの患者さんが多いこと。
医師が少ないのに、患者数が圧倒的に多いです。
それだけ、病気になる人も多いんですね。
以前、奇病、難病だった病気が今ではよく聞く
病気になってしまいました。

今度、娘は不妊の検査があります。
要検査なので、これも心配ですね。 
びよんど
2008/11/19 10:04
初めまして。私も内膜ソウハの結果…子宮内膜異型増殖症とポリープ状異型腺筋腫(APAM)との診断でした。今もガンセンターに通院中です。私はAPAMの他に異型増殖症があるため子宮全摘出の手術しかない…と言われてます。血栓症になった事があるのでホルモン療法はできず一昨日から毎月、外来で注射をして経過観察する事になりました。私もこの病気になって調べまくったんです。APAMは内膜ソウハの結果なので間違いないと思います。APAMに対して治療が必要なのかは正直わかりませんが、特に治療は必要ないんですか?娘さんは経過観察中ですか?
カスミソウ
2008/11/23 15:14
カスミソウさん、コメありがとうございます。

娘と同じ病気ですね。APAMは医師の説明だと
不妊の可能性が大であること。排卵があってるかどうか今は基礎体温を毎日計っています。
どうも一定の体温で、排卵日がないようですね。
APAMは妊娠できるようするために治療をするって医師から説明を受けました。
全摘しか方法はないのかなあ??

娘の主治医はこの病気は子宮体ガンも間違われやすいから、この病気を知らない婦人科医は子宮全摘す医師が多いってことも言ってました。

ホルモンもメッリット、デメリットから見て
私はしませんでした。
乳ガンの確立が少し高くなるそうです。

カスミソウさんはホルモンできなくてよかったです。娘は卵巣も癒着していたので剥離してもらいました。後は、基礎体温の結果待ちです。
私もよくわからないので、よかったらお互いに
情報交換しましょうね。
びよんど
2008/11/26 10:52
こんにちは。
私も、今年APAMと診断されました。
切除し、現在特になにもせず経過観察です。
不妊の可能性の話しは私も医師からされました
同じ病気の人が周りにいなくて、情報も少ないし、
今後が不安でたまりません。
また、こちらにお邪魔させていただきたいです。


チョコ
2008/11/29 23:50
チョコさん、はじめまして。
娘の主治医はこの病気は早くから広く伝えていかないと子宮を摘出される場合があるから、多くの人達への認知を呼びかけています。
お互いに情報交換しましょうね!!
私の地元では「四葉のくろーばー」って女性だけの患者会を作って色んな活動してるんです。
乳ガン、子宮ガンetc。それで色んな分野の医師とも
繋がりを持っているので今は、情報を集めてるところです。これからも、よろしくお願いします。

コメント ありがとう
びよんど
2008/11/30 16:26
今日、月に1回の健診行ってきました。
あの痛さ、なんとかならないものでしょうか
今日は特に痛くて半泣きになりました。
四葉のくろーばーの活動見てみました
語り合える場があるってすばらしいなって思いました
チョコ
2008/12/03 22:21
チョコさん。

娘も先月、内診を済ませたんだけど、子宮ガン検診よりも痛かったらしいです。
四葉のくろーばーの活動のブログ、見てくれたんですね。ありがとう。チョコさんが近くに住んでたら、一緒にできるのにね。みんな、お互いがフォローしあって、助け合い、身体の悩みは女性同士だから、気軽に話し合えるんですよね。こういう場ってあまりないから、専門医や薬剤師さん達は最初は
戸惑っていました。今月、大学生を対象に婦人科医と一緒に大学で講演をします。その時に婦人科医に会うので、APAMのことを、詳しく聞いてきますね。21日だったかな。
びよんど 
2008/12/04 10:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめて聞く病名 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる