自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 破ったジンクス

<<   作成日時 : 2008/09/04 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

以前、私が勤務していた会社には辞めて独立したら、1年も経たないうちに
潰されるという「ジンクス」がずっと伝えらていました。

独立して4年を迎えます。
当時から尾行されたり、面接当時の履歴書の写真をA4に拡大コピーして営業先にばら蒔かれ
嫌がらせもされてきました。

日本の取引先の工場との取引きは手を回して完全にストップされ、商品の発注先を国外に変えました。

今でも、私のパンフレットを抜き取り、「ゴミ箱」に捨てられたりしてるけど、私のほうが大人になりました。

この会社を完全無視するようになったんです。

以前いた会社の信念と私がずっと抱いていた信念がかなりかけ離れたもので、この会社の先が見えたような気がして・・・。

4年前に意を決して独立したものの、その状態での営業はかなりハードルが高いものに
なり、毎日の食事もいっぱい、いっぱいで「辛抱」の日が続きました。

娘や息子、主人の協力がなければ、そのジンクス通り半年で今の仕事はクローズだったでしょう。

1年目を迎えたときの感激・・・すごかった!!

以前勤務していた会社の営業がガラス越しにこちらを覗いてるのを知ってて、わざと大袈裟な笑顔で

仕事したこともあります。

2年目、少しずつ自分のやりたかった事の実現に向けて企画を初め、じっくり計画をたてました。

心の奥にジンクスが引っかかっていたんです。(少し怖かったのかも)

「個室を持った患者さんの為の美容室」の告知!!

雑誌や新聞に取り上げてもらって・・・と。

営業先の拡大や理解をいただきながら奮走しました、でも、個人の力は微力です。

地道に地道にと自分に言い聞かせ、そこで患者さん達のご協力が!!  これってすっごい感動でした。

去年その患者さん達の会が出来き、交流もいい感じです。

多くの人達に支えられ、この「ジンクス」を吹っ飛ばすことができました。

そして、私の仕事は私だけの仕事ではなくなり、娘、主人、患者さんを含めた仕事になりました。

もっと、もっとこの輪が大きくなりますように。驕るな自分!驕るな古巣!
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は まだまだ暑いですね
ジンクスを見事破る事が出来ておめでとうございます、びよんどさんの自分の為ではなく
皆の為だという気持ちが大きな力ですね
本当にみんなに喜ばれることは嬉しいですね
びよんどさんを苛めたり人達にも勝てたんですよ、これからも患者さんやみんなの為に
頑張ってくださいね!!
みっちゃん
2008/09/04 23:12
以前、一緒に都内の殆んどの百貨店で一緒に
販売の助っ人をしていた私の仲良しの先輩がまだそこで勤務してるんですが、彼女が私に関する色んな情報を流してくれるんです。
全国に200店舗を持つ会社なんですが、
社員同士の販売合戦がとても醜いと思っていました。ここの社長が長崎出身で、だから特に
私の独立には猛反対で潰しに躍起になりました。みっちゃなら、都内の百貨店に行ったらすぐわかりますよ。かつら屋さんが2件並んでるんですが、その一つです。私、都内で5年間百貨店回って
販売してたんです。ライバル会社2件並んでたから、お客様の争奪戦がすごかったですよ!
そのとき、自分は何やってんだろう??っていっも反省の連続でした。嫌な部分を見過ぎました。
びよんど
2008/09/05 09:56
がんばりましたね
男の私でもこれだけの締め付けがあると
挫折していたでしょうね
どこの世界でも独立には嫌がらせが
付きまとうこと有るようで
特にセールス活動が伴うとより一層
過激になることが多いのでしょうね
これからもめげずに頑張って
ニッキー
2008/09/06 10:16
ニッキーさん。
コメありがとうございます。
組織の中では組織のルールに則って勤めるべきでしょうが、私には付いていけなかったです。
去るものは潰すというのが根底にあるようです。当初は挫折の連続でした。
今は少しゆったりとした気持ちで仕事に専念できます。
びよんど
2008/09/06 13:19
きっと、怒濤の4年間だったでしょう…
自分の道を貫かれるのって、すごく大変なことだと思うし、周りの環境がそういう状況では悔しいことの方が多かったと思うけれど、よく頑張られましたね。(^^)

患者さんの応援があるって、とても素晴らしいことだと思います。
販売は確かに競走なんですけれど、でも、上がいがみ合って、客の取り合いしてると、販売員もそういうこと言って、相手の揚げ足をとって客引きをしますから、本当はお客様のためにはならないと思います。
そこしかないから、買うしかない…それが一番悲しいですね。
私は、田舎の婦人服売り場の店員でしたから、そんな渦には巻き込まれなくてよかったと思いますが…f(^ー^;

私がお客様なら、びよんどさんに接客してほしいです。
きっと、そう思う人の口コミで輪が広がっていくと思います。
患者さんのためのお仕事を、これからも続けてくださいね。(*^_^*)
さつき
2008/09/08 12:46
さつきさん、こんにちは。
さつきさんも販売をされてたんですね。
競争って誰かが負けになるから関係が崩れるんですよね。醜い争いをお客さんは見てるんですねえ。私もそういうところから身を引いてよかったと思っています。
びよんど
2008/09/10 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
破ったジンクス 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる