自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS :産婦人科へ行こう: に参加して

<<   作成日時 : 2008/04/29 14:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

4月27日(日)  長崎大学医学部産婦人科50周年記念で市民公開講座が ブリックホールで開催されました。

特別ゲストに「向井亜紀さん」を迎えて午後1時から5時までの中で、向井さんの体験談のお話から
始まりました。向井亜紀さんの講演内容は「ガンと向き合う〜自分の身体と時間を大切に〜」という
タイトルでご自分のガン体験のお話を交え、前向きな内容で聞いてて勇気をもらえる気がしました。

その後は歴代の婦人科教授の産科について、更年期について、子宮ガンについてのお話でした。
この会場に来ていた人達は若いご夫婦だったり、ご年配のご夫婦、カップルと多彩な人達がきてくれてました。
みんな興味深く聞き入ってました。

私もこの講演に10分ほど時間を下さって、話をさせていただきました。
今、「乳ガン」については長崎ではピンクリボンフェスタ、乳ガンフォーラムなど専門医やスポンサー主催の講演や
市内を走るバス、路面電車に大きく告知され、市民も「乳ガンの受診」に対しての意識がずいぶん高くなってきました。
でも、
「子宮ガン検診」はまだまだ低いなあって思いました。
若い女性の子宮頚ガンの発症率が高くなってきています。
私達、女性にとって、おっぱいも子宮も・・・とくに若い女性にとってはとっても大事な身体の一部です。
もっと、もっと、受診してほしい!!
私は「乳ガン」。 でも早期だったから自分の生き方、考え方のリセットボタンを押すことができました。
ガンはまるで「忍者」みたいに忍び寄ってきて自分の出番を息を潜めて待っています。
10年も待ってるんです。この10年の半分でも、1年でも半年でも早く見つけられたら、リセットボタンが
押せたのにって患者さんをたくさん見てきました。・・・って話をしました。

この話をしたのは去年、四葉のくろーばー「患者会」の仲間でまだ17才の子です。
その子は高校3年生で、ある病院に半年前に「子宮頚ガン」で入院してました。
お母さんはいなくて、私のお店にお父さんが娘さんの「かつら」を買いに来られました。
ときどき、私も病室を訪ねるようになったけど、彼女は治療がきついのか「うめき声」と副作用ではれあがった
顔、腹水の溜まったお腹を見せたくないようでした。

最後のほうは痛み止めだけの治療で、この薬の量が増えるだけ意識は「モウロウ」となってきたんです。
去年12月半ば・・・クリスマスを迎えることもなく、お正月を迎えることもなく、そして高校の卒業式にも・・・・。

広い社会、結婚、出産の経験ができないまま逝ってしましました。

成人に近くなったら乳ガン、子宮ガンの検査を親子で受診できるように、婦人科のかかり付けを決めて
いたらいいかなと思います。
もっと婦人科と仲良くしたいですね。 



http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はずかしながら・・妊娠してからかかりつけ医を探した私。
安心できる産院ではなく、子宮筋腫が見つかってからは大きな病院の産婦人科へ。
良い先生に当たりましたが、温存はできず全摘でした。

娘をもつ母として、これから話していかねば・・・・
もっと情報が流れていれば・・・と思うこの頃です。
さぼてんママ
2008/04/29 16:44
さぼてんママさん。

情報がないからみんな、知らないことが多いようです。
若い女性の殆んどが子宮頚ガンで、原因は性行為と時に男性が持ってる
「パピローマウィルス」感染です。全男性が持ってるものでそのウィルスが
女性の子宮頚部で悪玉に変化したときが「ガン」になります。
だから、本当は性行為を経験した年から子宮ガン検診したほうがいいって
専門医は言います。中年になると子宮体ガンが多いようです。
死亡率も3人に1人の割合いで高くなりました。
さぼてんママさん、自分の身体が今、どんな状態なのか知ってほしいです。

車の車検は定期的に検査するけど、以外に自分の事となると
おざなりになりがちですね。
びよんど
2008/04/30 10:06
びよんどさん達の活動って本当に重要なことなんですよね・・・
私の市は、子宮ガン検診もマンモも偶数の年齢の歳に安く受けられるんですが、昨年、私はあんまり元気がでなくて、申し込んだもののパスしました。

で、今年は自分で子宮ガン検診に行こうか、ちょうど迷ってるところでした。
筋腫持ちでもありますし、その経過も診ていただかなくてはいけないのですが、なかなか重い腰があがりません。
でも、ブログの記事を拝見して、自分の身は自分で守らないとなあ…と実感が湧いてきました。

女性として歳を取っても大切にしたい、おっぱいも子宮も、なんだか恥ずかしくて、診てもらいにくい感じがしてましたけれど、それじゃいけないんだなあ・・・・ここまで、無事だっただけ有り難いことなんだなあ・・・
さつき
2008/05/01 16:11
さつきさん。
筋腫を持ってるんですね。
生理、苦痛でしょう?
女性の「身体」はとても複雑で繊細です。
身体の一部の状態が悪くなるとまたどこかに歪みがきます。

さつきさんやさぼてんママさんのように一人でもこのブログを読んで
もらって、さつきさんの言うように「自分の身体は自分で守る」という意識
をもってもらいたいです。
びよんど
2008/05/02 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
:産婦人科へ行こう: に参加して 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる