自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS もう一度行ってみたい、会ってみたい

<<   作成日時 : 2007/09/08 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

もう何年も前、私は静岡にいた。なんで静岡なのかわからなかったけど、
わからないままに静岡に着いていきました。これまで、周囲の人達より自由に
あちこち転々としていた時期があって、きっとそのときは自分の「居心地」のいい場所を
探していた時期なのかもしれないです。大阪、奈良、静岡、長野、岡山、東京に短期間
ずつそこで生活してきた中で、「静岡」にもう一度行ってみたい。私の人生の「師」と仰ぐ
人と短期間の生活を共に過ごしてきました。静岡の「沼津」・・・・。はじめてのと土地で目についたのは「煮干し」がたくさん干してあったこと。そしてこの土地の人に聞いて「駿河湾」を見に行って「こんな大きな湾」をはじめてみました。長崎に比べて全てが大きい。山も湾も!!
晴れた日に見る「富士山」がとても雄大で「まぶしくて」さすが、日本一の山だあって
一人で感動してました。  富士山を見るのが楽しみで毎日、外に出ていました。 私の師はこの間、ずっと仕事しながら生活を支えてくれて、毎日私に同じ言葉を
かけていました。「どんなときも心にゆとりをもって生きていきなさい。けして焦らず、力み過ぎず、一度は振り返る余裕を持て」と。その言葉が毎日の繰り返しです。
この師とこんな生活が3年間。私の心の中にはもうこの「言葉」は何年たっても、何十年
たっても焼きついて離れません。3年後に私の隣から「師」は忽然と姿を消しました。
この師のことも何年たっても、何十年たっても私の「心」から離れません。今、どうしてるんだろ?静岡を最後に「師」とは会うことができませんでした。
「静岡」「師」が私の中で「キーワード」みたい心の中で響いています。
おばあちゃんになったら行ってみたい。   
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「もう一度行ってみたい、会ってみたい」について
「もう一度行ってみたい、会ってみたい」について ☆私も、若い頃全国を回りました。北海道を始め、東北、関東、北陸、中部、関西、中国、四国、山陰、九州は福岡から鹿児島まで、---あっつ!「沖縄」だけはまだ言って無い。当時、「外国」だったから---。  でも、私は何処よりも「生まれ故郷」が、一番良い---と、「再認識」しましたね。幼い頃の「友」は、今どうしているか?---私も「気」になります。早く元気に成って、名古屋へ帰りたい物です。http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/... ...続きを見る
隠居部屋
2007/09/08 14:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
思い出せば、
いろいろ心動いた

思い出の地、思い出の人

最近は、実母、
空華
2007/09/09 06:29
空華無二さん。

心、動いて痛いときもあるけど。
時が進んでるから、現実に引き戻されます。
びよんど
2007/09/09 10:38
「どんなときも心にゆとりをもって生きていきなさい。けして焦らず、力み過ぎず、一度は振り返る余裕を持て」
良い言葉ですね。
身に沁みます。
のん
2007/09/09 19:53
たくさんの土地をまわられたんですね。
自分を探していたのですか…?

私は自分の生まれた土地から一度も離れたことがありません。
心の病気のせいもあると思いますが、家から遠く離れることが(旅行でも)怖いです。
何故かはよくわかりません。心が緊張して許してくれません。
それでも、時には遠くに行ってみたいです。

とても、重要な心の師との出会いは素晴らしいですね。
身近に師を探すのもまた一つ、でも、遠くで出会った師だからこそ重要なのかも…もう充分に教えを請うたので、会えなくなったのでしょうかね、きっと。
さつき
2007/09/10 15:40
良い教えですね 人生経験からにじみ出た教えのよう・・・・
遠い昔 今は亡き親父に叱られた事を思い出した
親父の湯飲みに熱いお茶をなみなみと 途端に雷が落ちた
”馬鹿もん!熱い・・いっぱいついで どうする 8分目だ!覚えておけ”
以来8分目を守るようにしている、腹も・能力も・予算も・・2分の余裕を持つと言う事である・・・・富士山は良いね〜 天気が良ければ見えるんだけどな〜
 
旅人2
2007/09/10 16:49
もうおはようですね

「師の言葉」、誰が聞いても、いつ聞いても「胸に沁みこみ忘れられない、
言葉」で、感動させられました、

そんな素晴らしい、「師」が突然姿を消したなんて、
すごいショックでしたですよね、

本当にいつまでも忘れられなくて、胸が痛みますよね
そんな「師」の存在が、今の「びよんどさん」に、生かされて、
今の素敵なびよんどさんを、どこかで「師」も見守ってくれ
喜んでいてくれてますよね、いつの日か思い出の地を訪ねて
見たいですね、
素晴らしいお話有難うございます
みっちゃん
2007/09/12 01:12
のんさん、こんにちは。

この言葉、すごく哲学的ですが、師と私がいた3年間の毎日がとても充実
していました。人としての鍛錬の期間でしたね。
びよんど
2007/09/12 09:50
さつきさん、師の存在が今の私の人間形成に大きな影響を
与えてくれました。もし、この師との出会いがなければ、
今の私は別の生き方をしていたと思います。
びよんど
2007/09/12 09:53
旅人さん、人生経験が豊富だと説得力がありますね。
やんちゃな私でも素直な気持ちになれるんです。
2分の余裕、そうですね。今の時代こそ、2分の余裕が必要ではないでしょうか?
びよんど
2007/09/12 09:58
みっちゃん。
この師は今はどうしてるんだろうと毎日、気になります。
私も、どこかでこっそり見ていてくれているような気がします。
そう思うことで私の励みにもなります。
びよhど
2007/09/12 10:02
人との出会いて大切にしたいものです。

おばあさんなんて言わないで、息抜きにお出かけになれば

と 思います〜ヨン

静岡で思い出すことは熱海です  集団疎開で行った所です。

淋しい思い出ですが、今は懐かしい思い出です。
三柴 弘
2007/09/13 05:46
三柴さん、はじめまして。

集団疎開?戦争中ですね。
静岡は温暖でとてもいい所ですよね。
気候は長崎に少しにています。
びよんど
2007/09/14 10:21
あせって りきんで 突っ走っていました

その師の言葉
ブログにのせてくれたから
わたしにも 届いたよ
ありがとう

どらごん
2007/10/13 23:10
すっ飛んで来てくれてありがとう。
どらごんさんのとこまで届いてくれたんですね。
嬉しいなあ。
 びよんど
2007/10/14 10:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう一度行ってみたい、会ってみたい 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる