自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 父のガンが消えた?

<<   作成日時 : 2007/09/01 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

今年、87才になる父は、5年前から「前立腺ガン」の治療をしています。
これまで何度か父の経過を更新してきました。
父の病状はこれまで、肺気腫で肺の半分が機能してなくて、おまけに「喘息」で
酸素ボンベをもち、目は「白内障」で片目がかすかに見えるだけでした。
片目、片肺のガンこ親父!!
手術ができない父は3ヶ月に一度の「抗がん剤」治療をしていました。高齢だから
進行はしないでいましたが、2〜3日前の定期検査で「ガン」細胞が消えているとの、
主治医の説明を受け、「えっ!!!!????」(;☉౪ ⊙。)
「しんじられなーい」  言葉がでなかった!
この年で「ガン」が消えるなんて。それから、ずっと考えていました。「ガン細胞」が無くなってるのはいい細胞は?ちゃんと細胞作れてるのかなあ・・・・。そのことが気になっています。
とりあえず「よかったね。」あとは片目、片肺の方だけ。
もし本当に、生まれてくるときにすでに寿命というものが決まってるというのなら、
「ガン」から解放された父にもう少し「生きてる」喜びを感じさせて欲しい。
あなたはホントに強い人です。  弱音も吐かずいつも元気を見せてくれて、その年で
5年間「ガン」と闘ったことを私は誇りに思います。  
http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「父のガンが消えた?」について
「父のガンが消えた?」について ☆「ガン」がきえたって?---本当なら、万々歳 ですね。私の「父」も1907年生まれで、95歳迄 生きました。  今日、「父」の法要に「出られない」旨、妹に 「手紙」を書いた所です。「悔しい」です。自然に 涙が流れました。http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/f05819e136 ...続きを見る
隠居部屋
2007/09/01 23:22
がんと心
 がんと心の関係を解明していく研究領域や、心理的側面を十分に配慮したがん診療は、最近ではサイコオンコロジ−と呼ばれるようになりましたが、サイコオンコロジーとは、がんに関して、    1. すべての病期にある患者やその家族・介護者(ケアギバ−)の情緒的な反応  2. 発症率や死亡率に影響を与える心理的・行動的・社会的因子 ...続きを見る
健康ブログ
2007/10/16 21:09
波動水を自分で作る!!
波動水を自分で作る!! あらゆる病状に合った波動水が自分でできるんですよ!といったら、ウソ・・・・・・・・・・とところができるのです!!   5年くらい前から、日本で販売されているのですよ!ガンであれ、脳梗塞であれ、アルツハイマーであれ・... ...続きを見る
波動による健康管理
2008/02/13 11:39
肺水の症状とは
肺水腫は、からだの中に余分な水がたまり肺が水浸しになる事です。塩分や wate... ...続きを見る
肺の病気と種類と症状の豆知識
2008/03/28 12:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは びよんどさん

癌細胞がなくなくなったって、抗がん剤の効き目でしょうか
良かったですね、

本人の頑張りの結果ですよね!!
これからは、いつまでも元気でいて欲しいですね、
みっちゃん
2007/09/02 23:06
良かったですね。
おめでとうございます。
同じ病気で苦しむ方たちにも、闘病の励みになるお話ですね。
なんでも、諦めずに闘うこと、大事ですね。
のん
2007/09/03 09:22
良かったですね。
がんばられたご褒美の奇跡でしょうか。
余命…などと言われてもガンが消えてしまわれる方もいると聞いたことがあります。

家の母も肺気腫・肺水腫(今は広く喘息に入るらしい)です。
一時は普段でも酸素ボンベのお世話になるのではと、思った時もありましたが、今年はとても元気です。
息が苦しいのもお辛いでしょうけれど、家族と側にいられるうれしさもあると思います。どうぞ、お大事に。
さつき
2007/09/03 12:48
みっちゃん、こんにちは。
抗がん剤のおかげかなと思っています。
父も高齢だから残りの余生くらいはね、少しででも静かに
過ごさせたいですね。
びよんど
2007/09/04 09:52
のんさん。
のんさんが闘ってるのに、ごめんね。
のんさんが言うように諦めないことを言いたかった。
父の寿命も年齢からいったら残り少ないです。
のんさんの闘病生活、長いけど父から言わせれば、あと40年
は「頑張れ」って言いますよ。
びよんど
2007/09/04 09:57
さつきさん、コメありがとうございます。

酸素ボンベの持ち歩きは大変ですね。
そばにいると呼吸するのも苦しそうです。
とりあえず「ガン」が消えてよかったです。
びよんど
2007/09/04 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
父のガンが消えた? 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる