自分らしく生きるために 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「生きる」への挑戦

<<   作成日時 : 2007/06/22 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前回、私のフレンドが「白血病」の再発で皆さんから彼に対してたくさんの「エール」を
頂きました。その間、彼は抗がん剤治療と放射線治療ができ、今日、「臍帯血移植」に
臨みます。彼はこれまで無菌室で過ごし、彼の子供さん達は毎日その窓の外で「お父さん、頑張れ」の声なき声で応援していました。ご家族や闘病仲間の応援、皆さんの「エール」に応えてここまで頑張れたのだと思います。「臍帯血」、生まれたての赤ちゃんからまた「命」が!
彼は「窓の外で毎日応援してる子供達をもう一度抱きしめてあげたい!」の一心です。
「命」と「生きる」にたいしてもう一度、みんな考えなければと深く思いました。もっと、もっと生きたい、生きなければと思う人もいれば、自ら命を絶つ人が後を絶たない現実であることを。
「生きる」ことがどれだけ自分にとって「努力」と「勇気」がいることか、でも、「生きる」ことのすばらしさも知ってほしい。今は真っ暗な「トンネル」の中でもいつかはそのトンネルにぼんやりだったり、小さい光が射すときがくるんだって。その光はその人にとって強い「生きる」光に写ることだと思います。


http://ameblo.jp/beyondkatsura/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 ピヨちゃんのことを思うと、胸が苦しくなります。何とか、元気に成って頂きたいです。『もう一度、子供を抱きしめたい』贅沢な希望でもなんでも有りません。当たり前の事が出来ない、本当に辛い事ですよね。
 皆さんのさらなるエールで、彼を復活させて頂きたいです。もちろん、私も精一杯応援しています。
のん
2007/06/22 17:46
「生きる」ことへの挑戦。。。身近に体験した人と思いを共有

難しいことが多かった。。。同じ視点に立てないことが分かっても

エールを送り続ける。。。。励ましの言葉が虚しいと返され

私には・・悲痛に叫ぶ彼に。。。励ましの言葉が見つからない


彼は一年の闘病生活で。。。この世を去ったが。。

生前。。いつも家族に見守られて。。安堵感が死を忘れさせた

一時でも死を考えさせない時間が有ったことが嬉しい・・・と

激しい生への思いが。。。断たれぬよう。。。祈っています

ニッキー
2007/06/22 18:07
無菌室で治療中でご家族もお部屋に入れない。
やりきれません。
でも窓の外から応援しているご家族にも頑張って
とお祈りしています。
よおこ
2007/06/22 20:08
闘病生活があまりにも長すぎると精も根の尽き果てますよね。
だけどそれが許されないことだとしたら、ただ奮起するしかないです。
闇雲にだけど。自分の身体なのにゆうことをきいてくれない歯がゆさが出てきますよね。
びよんど
2007/06/23 15:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「生きる」への挑戦 自分らしく生きるために /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる